×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

楽天へお帰りはコチラ
ご意見ご要望はコチラ→お手紙ちょうだ〜い♪
 すとらいくぞーん! - Gallery 七荻鏡花 -
ホビーTOPページへ 制作記事などのブログ日記 『FuMAX』とは 参加イベントなどのサークル情報 掲示板 お役立ちリンク イラストのページへ
 1/6 七荻鏡花 制作日記
※上が新しく下に行くほど古くなります。
 
>>Information:ワンダーフェスティバル 2005 Summer に出品
kyouka_015 kyouka_016 kyouka_017 kyouka_018 kyouka_019 kyouka_020 kyouka_021 kyouka_022 kyouka_023
展示見本完成です。
とりあえず会場で 売り子さんをしてくれていた卯花が撮影してくれました。どーでもいいけど、ゆーきが撮ると手ブレしまくるのですが、同じデジカメでこうも違うのは納得できません。(ぐぬぬ)卯花の手には「手ブレ補正機能」でも付いているのでしょうか?(笑)そして、パッケージイラストも卯花が作ってくれました。マジ感謝です。m(_ _)m

ちなみに最後のオマケ画像も卯花が撮影したものです。(笑)
kyouka_007 kyouka_008 kyouka_009 kyouka_010 kyouka_011 kyouka_012 kyouka_013 kyouka_014
ってなわけで、型抜きしてみました。
展示見本用にどうせ一体作ろうと思ってたのでコイツを使います。原型を見本用に塗装してもいいんですが、いかんせんポリパテのかたまりなので重いわ倒れたらもろいわで危なっかしいので・・・。つか、アオリか俯瞰かで頭がおっきく見えたり足が短く見えてしまうのでもう少しバランスの取り方を見直さないととか思ったりします。(^^;

そしてワンフェス(ここからは2005夏時点の話です;;)前々日から展示見本の塗装開始。(今更?!)前日は徹夜でした…。(>_<)

エアブラシでベースにホワイトを噴き付け、次にグラデーションのために影となる濃い部分を噴き付けていきます。また、塗りわけとして、ストッキング(?)はイラストだと真っ黒なのですが、今回は若干肌の色を透けさせるために下地は腿などと同様フツウに肌色で塗装しておきました。その上からスモークグレー+クリアレッド+クリアオレンジの混色によるクリアブラウンを陰影を残しつつ重ねていきます。最後にスモークグレーで黒味を出して仕上げます。でも、最初に噴いたクリアブラウンの赤味が強かったせいか、最後まで黒っぽくはなりませんでしたが…これはこれでいい味出たと思います。(ニヤリ)

ブーツや手袋などはツヤありの皮素材感覚で仕上げようかと思ったのですがタイムリミットで断念。(涙)あとはエナメルカラーで色に合わせた済みいれやレタッチを入れていきます。 ちなみに、久々に瞳を描いたのと、徹夜で意識が朦朧としていたせいで、微妙に瞳入れが失敗気味となってしまいました。出発まで時間の許す限りレタッチしましたのでなんとか見える程度までリカバリできました。(^^;

ところで、リカバリと言えば。
塗装中に右腕(チロのついてる方)を落としてしまい、チロの羽の先端が欠けてしまいました。(号泣)時間がないので瞬着でくっつけて軽くペーパーがけの後、下地のピンクから塗り直していきました。(その後もう一度落として再度リカバリしたのはナイショです:笑)そんなこんなで、なんとか塗装も完了したのでそのまま出発となります。
kyouka_001 kyouka_002 kyouka_003 kyouka_004 kyouka_005 kyouka_006

↑のどうにも初心者で思ったとおりにいかず、いろいろ試行錯誤すればするほどドツボにはまってなかなか作業が進まずヤケっぱちなコメントから丸一年・・・ようやく完成しました。(^^ゞ それでもやっぱり時間なくて細かいところはまだまだ追求したかったですけど、いつまで経ってもキリがないので締め切りでふんぎりをつけて完成させました。

余談ですが、実際に製作途中でも何度かワンフェスに参加してみて思うことは、年々アマチュアディーラーの造型レベルが上がっているな〜ということです。また、限定品目当てのディーラーや中古トイ(これも会場限定食玩とかを大人買いして自分のブースで高く売るってヤツ)ディーラーも増えてきたのも事実。要するに本気で(もしくは楽しんで)造型をやっている連中とそうでない連中がなんとなくハッキリしてきたのかなと。もちろん自分は造型組に入りたいのでノンビリマイペースですが継続していきたいと思ってます。

今回の反省点は前回のリリスの髪の毛がエッジパキパキだったので自然な流れを意識したら思うようにいかず無駄に時間くいすぎたことかと思います。まあこの辺は経験つんで慣れるしかないかと。あとはチロの部分が羽根ってムズカシイってことを実感させてくれました。(涙)いちおうエポパテで芯を作ってポリパテで整形していったのですが・・・もとイラスト的に型抜きがめんどうな構造になってしまいましたのでこれも今後の課題かと思われます。(^^ゞあと、今回スカートが薄すぎて型抜きすると穴が開いたりと試し抜きの段階でいろいろ問題が発生したのでそれらの修復でも時間くいました。スカートは結局フリル付きの裏地を作って厚みを持たせて解決させて、髪飾りを作って完成としました。つか、髪飾りが猫の顔してんのね、なにげに・・・。(うっすらと涙)

kyouka00 kyouka01 kyouka02 kyouka03 kyouka04 kyouka05
『夜が来る!』(アリスソフト)より七荻鏡花です。

どうにもこの鏡花ってのはモデル体形らしくスレンダーに造らなければいけないみたいなんだけど・・・やっちまいました。やはりフトモモやふくらはぎなどは少々もちもちしてた方が魅力的な気がするわけで、チチにしてもこの業界(イラスト業界もそうだけど)美乳を示すには少々大きめでちょうどいいくらい!(何リキんでんねん)ちなみに巨乳というと片方のチチだけでもバレーボールくらいあるように思えるほどおおげさに表現されてますな。(何をエラそうに?!)ってなわけで、例のごとく遅々として進んでおりませんが、とりあえず次回(2002・冬時点)の新作予定ッス。

そんなわけでWF当日1ヶ月前ッス。できてねぇッス。(大汗)とりあえず共倒れは困るのでリリスの複製に入るッス。(死)

とりあえず柔らかいスカートなどリリスん時とのシワの違いに苦労してます。おまけに上にも書いたけど、どうしても若干もちもちさせたくなってしまったら足が短く見えたりとかで何度も調整し直してます。(涙)でもだいたい全体のバランスは落ち着いたので細かいツメに入って行こうと思ってます。って、どーでもいーけど夏に持ち越しそうだな・・・おい。(^^ゞ